RとLの発音(2)
アプリプレゼント/10月

posted in: キャンペーン | 0

日本人が混同しがちなRとLを含む単語の覚え方。といっても特別な方法があるわけではなく、正攻法で攻めるしかありません。

1.一語一語、つづりを意識してしっかり覚える。

まずはRかLかを意識して、つづりは実際に手で何度も書いて覚えましょう。

2.単語を覚える際に、発音も併せて正確に覚える。

書くときにはしっかり声に出して発音しましょう。

短期記憶には聴覚(音声)が、長期記憶には視覚が有効です。目で見ているだけよりも、声に出すと2倍、実際に手を動かして書くと4倍は記憶力が高まるとも言われています。諸説ありますが、とにかく五感を駆使して脳に刺激を与えることが肝要です。

 

このときに大切なのが、正しい発音で行うこと。

RとLの正しい発音については、こちらの「似た英語発音を聞き比べる」という図をご覧になってください。ポイントは舌先の位置。

[R] いわゆる巻き舌。舌先はまるめるだけで、口蓋(上あご)には当てません。もし舌を全部浮かせて発音するのが難しいようであれば、舌の奥の両脇の部分は奥歯に押し当てて安定させるようにして発音しても大丈夫です。

[L] 舌先を上の前歯の付け根あたりに当てて発音します。

ちなみに、

[ラ行] 舌先は硬口蓋(上あごの前方、前歯の付け根の少し後ろ)に当てて発音。実は英語の[D]の発音のときに当てる位置と同じです。

 

自ら正しい発音をすることができれば、聞き取り能力も格段にアップします。奈菜さんは中学2年生ですから、これからまだまだたくさんの英単語を学習することでしょう。正しいRとLの発音を意識しながら、正確につづりを覚えていくことによって、受験勉強のためだけではない、将来通用する英語力を身につけることができますよ!がんばってください。^^

 

********************************************

ということで、10月のプレゼントアプリは

 『えいご聞き耳上手』!!

「RとL」の他にも、日本人が混同しがちな「VとB」や「THとS」など10種類の似た発音の聞き取りを徹底して練習することができます。

 

英語にまつわる疑問・失敗談・なるほど!と思ったことなど、あなたの英語あるある体験談をお寄せください。ご応募いただいた方には、毎月抽選で20名様に、CAIメディア オススメ英語学習iPhoneアプリまたはQUOカード(500円分)をプレゼント。

 

[ご応募方法]

こちらの英語学習にまつわる体験談募集よりご応募ください。

 

メールアドレス等の個人情報につきましては、当キャンペーンのみに使用し、賞品の手続きに必要な場合を除き、第三者に開示することは ありません。

当該個人情報は弊社の「 個人情報保護方針 」に基づき厳重に管理いたします。

 

たくさんのご応募、お待ちしております!!